●浄化槽保守点検

  浄化槽が正しく機能しているかどうかを点検し、
  良好な状態を維持するため、、
  定期的に点検する必要があります。


浄化槽保守点検契約書に基づき、
保守点検にお伺いいたします。
浄化槽本体及び配管等、
周辺状況の確認を行います。
〜浄化槽保守点検の流れ〜

@

処理水の透視度を調べます。
水が濁っているほど
透視度は小さくなります。
基準値:合併浄化槽20p以上、
単独浄化槽5p以上。
A

溶存酸素量(ようぞんさんそりょう)を
測定します。
基準値:合併浄化槽1r/L以上、
単独浄化槽0.3r/L以上。
B

PH値の測定。
放流水のPHは通常5.8から8.6が
基準です。
中性は7.0です。
C

残留塩素の測定を行います。
基準は、検出されることです。
D

消毒薬の補充を行います。
E

インバート枡の清掃を行います。
F

槽内及び機器の調整・清掃を
行います。
G

ブロワーモーターの点検・清掃を行い
異音や振動を確認します。
H

殺虫プレートです。
衛生害虫発生時に取付ます。
I

点検作業終了。
J

点検作業終了後、
保守点検記録票を発行し、
点検結果をお客様にお伝えして、
終了となります。


  ●浄化槽清掃

  浄化槽に発生した汚泥などの引き出し、
  調整及びこれらに伴う機器類の作業洗浄、
  掃除などの作業です。


清掃作業日時を事前打合わせの後、
作業にお伺いします。
〜浄化槽清掃の流れ〜

@

インバート枡を清掃します。
A

ブロワーモーターのフィルター及び
外観の清掃をします。
B

マンホールの蓋の清掃(1)
C

マンホールの蓋の清掃(2)
D

保守点検作業の終了です。
TOP